FC2ブログ

アミノ酸サプリメント

 私たちの身体に必要なアミノ酸。いろんなお酒の中でも、
特に多くのアミノ酸を含むのが日本酒です。

続きを読む

「適正飲酒」10ヶ条

 「酒は百薬の長」といわれますが、上手に飲むためには
以下の10ヶ条を守って楽しんで下さい。

 ① 笑いながら共に、楽しく飲もう……飲ミニケーションしよう!
 ② 自分のペースでゆっくりと……常にマイペース
 ③ 食べながら飲む習慣を……アルコールの吸収が緩やかに
 ④ 自分の適量にとどめよう……まず適量を知り、これを守る
 ⑤ 週に二回は休肝日を……できれば二日続けて
 ⑥ 人に酒の無理強いはしない……相手のペースを認めること
 ⑦ 薬と一緒には飲まない……常識!
 ⑧ 強いアルコール飲料は薄めて……日本人は基本的にアルコールに弱い人種
 ⑨ 遅くても夜12時で切り上げよう……明日も飲むためにも
 ⑩ 肝臓などの定期検診を……自分の健康は自分で守る

「和らぎ水」のすすめ

 お酒の合間に水を差すのは、正しい飲み方です。といっても、
水で割るのではなく、グラスの横にお水を用意して、時々飲んで下さい。
深酔いを防ぎ、お酒をより美味しく味わえます。
 「和らぎ水」(やわらぎみず)と呼んでいます。
 またすべての基本は、適量を守ること! この基本を守ってこそ、
お酒も本来の健康効果を発揮できるのです。
 さてその適量ですが、日本酒では一般に一日二合と言われています。
これを目安にして自分の適量を知り、さわやかに酔いましょう。

  「白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の 
    酒は静かに 飲むべかりけり」
                  若山牧水

晩酌のすすめ

 現代人のほとんどの人が、ストレスを感じているそうです。そこで提案! 
ストレス解消を期待するなら日本酒をゆっくり飲むことをお勧めします。日本酒は、
緊張によって収縮した血管を拡げ、血液が流れやすい状況をつくります。
 また、毛細血管の働きを活性化させ、マッサージと同じように筋肉のこりを
ほぐす効果もあります。
 その日の疲労は、その日のうちに解消したいもの。
晩酌という習慣は、日本人が見いだした素晴らしい知恵なのです。

続きを読む

プロフィール

すずかぶと

Author:すずかぶと
滋賀県甲賀市甲賀町
小さな小さな酒蔵の当主

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR