FC2ブログ

身体によい酒の肴…

 良質なたんぱく質を多く含む食材や低カロリー食材で、
肝臓や腎臓への負担を抑え、楽しくヘルシーな晩酌に。


 「いも、タコ、南京(かぼちゃ)…」これって女性の方がお好きなものでは…


 アルコールを飲むときに気をつけたいのは、すきっ腹で飲まない、ということ。空腹時に飲むと、アルコールの吸収が早く悪酔いしやすくなります。何か食べてから飲んだり、おつまみなどと一緒に飲むようにしましょう。
 アルコール自体のカロリーが高いので、酒の肴はできるだけ低カロリーに押さえたいもの。タコやイカ、きのこのように低カロリーな食材や脂肪分の少ない肉、または野菜をたっぷり使った料理を選ぶようにします。お酒がすすみがちな味付けの濃いものや揚げ物は、カロリーが高いだけでなく、肝臓や腎臓に負担をかけるのでとりすぎに注意します。
 アルコールを分解する肝臓の働きを良くするために積極的にとりたい食材は、良質なたんぱく質含む食材(肉、魚、卵、牛乳、大豆)です。特に豚肉は良質なタンパク源であるだけでなく、アルコール分解時に消費されるビタミンB1もたっぷり含んでいます。また、栄養ドリンクの成分として有名な「タウリン」は、肝機能を向上させる働きがあり、タコやイカ、かきなどの魚介類に多く含まれています。さらに、多くの野菜や果物に含まれるビタミンCは、アルコールの分解を促進する働きがあるので、これらの食材をうまく組み合わせてとるとよいでしょう。
 適度な量とペースを守って、美味しく楽しくお酒を飲みましょう。
 (サッポロビール健康保険組合 提供)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すずかぶと

Author:すずかぶと
滋賀県甲賀市甲賀町
小さな小さな酒蔵の当主

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR